ネット中毒を予防するために

ネット中毒とは
「ネット依存症」、「インターネット依存症」、「ネット中毒」という言葉が最近メディアで聞かれるようになってきました。ネット中毒とは、インターネットに接続し、チャットやBBSへの書き込み、オンラインゲーム等を長時間にわたってやり続けるなど、現実世界の生活に支障をきたすまでになってきている、日常化してきていること、またはその人物を指す、主に俗語として使われています。それで、ネット中毒を予防することは重要です。

ネット中毒の予防
ネット中毒の予防方法というと、以下のようになっています。

運動や他のネット以外の趣味を始める
運動や他のネット以外の趣味を始めるのは、ネット依存予防のために大切ですが、「運動しなさい」とか「ネットばかりしてないで他のこともしなさい」と言ってもなかなか伝わらないものです。そこで、ただやらせるのではなく、一緒に取り組んでみてはいかがでしょう。「一緒に買い物に行く」「一緒にジョギングする」「一緒に料理をする」など、さまざまなことを一緒に取り組むことで本人もやる気がでてくるでしょう。コミュニケーションもとれるので、それもネット依存症の予防につながります。

ネットから意図的に離れる時間をつくる
PCやスマートフォンなど、テクノロジーの電源を完全にオフにする時間を決めます。特に、朝は避けましょう。朝起きてすぐの時間は、一般的に最もエネルギーがあり、何をするにも最適といえます。

寝る前はスマホ等のブルーライトを浴びない
パソコンやスマホ、タブレットはブルーライトを発します。このブルーライトは視覚から脳に入ると、交感神経を刺激するので興奮を覚えます。脳は覚醒状態となり、それが寝る時間帯であれば睡魔がふき取んでしまい、寝つきが悪くなってしまいます。寝る1時間前にはネットに接続しないことが、依存症を克服するために重要と考えられています。1時間前になったら、読書やストレッチ、精神統一など気持ちを落ち着かせる行動を取るようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です