対抗肺がん単国璽(カトリック枢機卿)に「康健」と読者のネット中毒手紙115期

しかし半時間後、すぐに平静に回復し、そして喜んで受け入れ、何で私?でも、病気の特権はありません、私は神様が必ずあると信じている計画を信じます.

自分の時間が多くて、私は先に遺言を書いて、いくつかの後ろの事を説明して.私も自己反省:命が何ですか?死はどこにあるの?この生涯はいったい何の意味を生きているのか.私は自分の最後の「剰余価値を発揮することを決め、全省各地の刑務所、学校、機関、命の別れ講演をすることに決めました.

病院への帰りに、医者の好意は、メディアには、どこにも走っている、このような悪い、あなたは多く休むべき、体力を維持することができると指摘している.」と答えると、私は予想より多くの時間を生きてきたこんなに長くて、これらはすべて私が稼いだ、元金に利息をつけてすくい.

この生涯は最多とする段階?と,記者が私に尋ねたことがある.私が癌になってからという答えです
.抗がん最高の治療」はそれに直面し、そしてそれを超えてではなく,ネット中毒、それを徴服というより生きる;毎日がんの魔の手の下に生きるより、ちゃんと善を生かして、私を身近な小さいがんと奴隷は,いつでも私に注意して、励ましてくれる:「殘された時間は多くないが、加速足どり、前向きに頑張りダッシュ、寸刻を争うとして、メインの栄こと.

以上を

キリシタン

カソリック

あなたの友単国璽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です