皮膚のネット中毒日焼けはどうするのか

暑い夏で、多くの人の肌もが傷ついた状況で、事実上、日常生活の中で、みんなはだからそれなりの日焼け止め措置が、平日が日焼け肌も、みんなは一定の方法で処理して、それか、皮膚の日焼けは同どうしたらいいだろう.

胡瓜汁に塗りつけます

胡瓜は、痛みの皮膚で10分、清涼と皮膚、痛みが自然に削減しているという.

胡瓜は、ビタミンCが皮膚の再生能力を増強し、皮膚に失われた水分を補充し、脱皮現象を治療することができます.倉敷後体は水できれいに洗い流します.

お茶の水

茶の茹でる

p>でお茶綿<をつけて軽く晒傷のように栄養を肌に、灼熱痛感を軽減する.お茶の中にはタンニン酸が含まれ、良い促進作用を促進作用、組織の腫れ、細胞から滲出、軽微に対しても、軽微の皮膚の非常に非常に効果的な.

Pは、日焼け面積が大きく、あなたも洗面器で渋茶に入って、日焼けした肌に水に浸して何分か.

エマルションケア

乳液ケア

で日焼け部位が1%のハイドロコーチゾンクリーム塗って、きっと助け.

は、痛みに対して1日3~4回塗って、直ちに洗い流して、皮膚の上で6時間5して、皮膚に滯在する.一度塗りの際に冷罨法効果に合わせて
.

Pはアロエ汁

を塗ります

はアロエ内のジェル状汁は日焼けする皮膚の上で塗って、汁が自然にひあがっ.アロエは助けることができて早く康复外皮膚、お肌が日焼けが灼熱痛みに塗り、アロエベラ液もすぐに下がって、清涼の熱効果.

冷罨法冷罨法

冷罨法ケア<P>Pは冷罨法、ネット中毒、冷罨法にはタオルや服など冷水や冷蔵庫に入れて、ややねじってややねじっ、肌につけておいてください.水分が蒸発していく時、冷却作用があるとして、日焼けと痛みを制御します.

一日に3~4回、毎回約半時間でいいです.また、ガーゼなど飽和した生理食塩水または清水、冷蔵室に置いて冷たい後、ヒリヒリ部位、約20分後に取り、灼熱感を解消し、皮膚の腫れを軽減します.

上から見て、皮膚が日焼け後、皆は採用塗りアロエジュース、冷罨法介護、お茶の水温湿布、乳液看護とキュウリの汁などを塗り方のため、皮膚の日焼けは時間がかかると才能の修復のため、みんなで介護のときは、注意すべき長く.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です