離れるなネット中毒ら

瀋黙どのくらい,私はどのくらい.夕日が瀋から星が光を失っても答えは出ないと思う.これは考えてみて、日は氾に氾ます.夕日、月、星、星、そして、長い夜、私に付き添っていない,この段.夕阳美で带笑の離れて、私に対して相手にしない.月の光は誰の頬を蒼白、ここの天地を埋め尽くした.星はまぶしい光を氾て、また私に見せびらかす.フローズン凝結その枯れ.最後は長夜も少しも音も持たずに離れて.

は離れることができるならば、なぜ私はまたこのようにしてその場でうろうろしています.ただ想像の夕日のように大切にしない、月明かりのように冷たい想像もない星に、想像お高くとまっても想像切っても血が出ない霜のように.ただ静かに離れたい、少しの遺憾、傷つけない、少しも傷つけない.

p>もし離れ<にお互い自由、私はどうしてしっかりつかんで離さない;もしあなたを離れて、私は幸福を離れてない理由がありません;もしあなたの楽しみを換えてくることができること、私もあなたのため;いくらでも私を離れたが,
,ネット中毒、しかし私はやはり手放したくないから.私はもっと幸せ、私はどのように行くことができますか?私の幸福と無関係で、私はまたどのように幸せになることができます?

私は、あなたの幸せと交差点があることを求めません.君の幸せを待つよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です